篆刻てんこく・てん刻用品通販店 篆刻セット・印材・印箱・篆刻刀・印泥・篆刻字典など篆刻道具の販売
篆刻屋ご案内 FAX
書道道具専門店書道道具専門店
絵手紙
絵手紙
赤ちゃん筆赤ちゃん筆
硯
篆刻篆刻
掛け軸 額 表装
表装
写経
写経
色紙
色紙
習字
習字
水墨画
水墨画
筆ペン
筆ペン
古本
書道専門書古本
ホーム篆刻の疑問あれこれ

■朱文と白文の違いって?

印は彫り方によって、朱文と白文に大別できます。

文字が朱で表れる印を朱文、文字が白抜きになるのが白文です。

同じ字形や構成で刻っても、朱文と白文では印象が全く変わります。

日本では雅号は朱文、姓名印は白文というのが一般的でしたが、最近ではあまり関係なくなっています。

篆刻をするにあたって、朱文にするか白文にするかは、好みで決めればよいでしょう。

            

          朱文       白文

 

  

■印はどこに押せばいいの?

書作品には印の押し方にルールがあります。

以下の絵を使って説明させていただきます。

 

※大きい○は作品の字・小さい丸は雅号です

右上にある赤い四角は印首印といいます。

1文字目の中心に印首印の中心を合わせます。

右下は押脚印です。

作品の下限を表すものですが、省略される場合がほとんどです。

左側にあるのが落款印です。

落款印は署名の中心線に合わせます。

上の姓名印は白文で、下の雅号印は朱文で。

※必ずそうしなければいけないというものではありません。

最後の行の下に署名・落款印を押す場合があります。

字の下と落款印の下が揃わないようにします。

署名と印を重ねても問題ありません。

署名の字の頭と印の頭を揃えないようにします。

扁額(横書き)

扇面

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス